扶養控除@子供がたくさんいたら所得控除は受けられる?

家族を養っていると生活費の負担も大きくなるため、扶養家族の人数や
年齢によって所得が控除されます。このシステムを扶養控除といいます。

原則、同居していることが条件ですが、
学生で仕送りをしている場合なども含まれます。
続きを読む
posted by ミニ助 at 13:51 | 税金系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

配偶者特別控除は配偶者控除と何が違う?

自分の配偶者がパートなどで働いても、収入が103万円以下なら
「配偶者控除」が受けられます。

収入が103万円を超えた場合でも、収入が増加するごとに
徐々に控除額が減りますが、「配偶者特別控除」が受けられます。
続きを読む
posted by ミニ助 at 23:43 | 税金系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

配偶者控除B妻の収入が増えたら配偶者控除は受けられない?

裁縫などの趣味が高じて販売するようになる専業主婦も増えています。
インターネット上で販売したり、オークションサイトなどを利用して
店舗を構えずとも売る事ができるようになりました。

次第に収入が増えていった場合、
所得が一定額以上になると配偶者控除が受けられなくなります。
続きを読む
posted by ミニ助 at 17:55 | 税金系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

配偶者控除A妻と別居することになったら「扶養」ではない?

一緒に生活してきた夫婦に行き違いが生じて、別居に至ってしまった場合、
妻を扶養から外す必要があるのでしょうか?

サラリーマンにとって所得税や住民税の額が変化するので、
扶養の範囲を必要に応じてしっておくべきでしょう。
続きを読む
posted by ミニ助 at 16:01 | 税金系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

配偶者控除@共働き夫婦のどちらかがリストラされたら?

突然、夫がリストラされて・・・。景気低迷が続く中でよく聞く話ですが、
直ぐに再就職することもままならない状況なので、世帯の収入を少しでも増やすようにしましょう。
共働き夫婦ならば、妻の扶養親族になることで税金負担が軽くなります。
続きを読む
posted by ミニ助 at 15:15 | 税金系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク