暴露本|一気にブームを起こして儲ける暴露本商法とは?

タレント、俳優、女優など、いわゆる芸能人の私生活を暴露した暴露本が、
たまにベストセラーになり、世間を騒がすことがあります。


そんな暴露本の走りとなったのは、長門裕之の「洋子へ」ですが、
この本の場合、なんと1日あたり10万冊の注文が殺到し、
発売1ヶ月では40万部を売るベストセラーに。

他にも、郷ひろみが離婚や自分のプライベートについて綴った 「ダディ」
一躍大きな注目を集めたのをご存知の方もいるでしょう。

さて、このような暴露本ができると、出版社側はすかさずスポーツ新聞社とTV局に送るのです。
そしてその内容があまりにも凄ければ、
続きを読む
posted by ミニ助 at 02:07 | エンタメ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

矢沢永吉はテレビ乱入事件がきっかけでデビューした!?

永ちゃんの愛称で親しまれ、
今なお日本のロック界のカリスマとして
君臨する矢沢永吉。


現在ではもはや
伝説的存在となったロックバンド”キャロル”
でデビューした事は有名ですが、

そのきっかけとなったのは、とあるテレビ番組飛び入り事件でした。

続きを読む
posted by ミニ助 at 20:58 | エンタメ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本が誇る名俳優の三船敏郎はちょっとした偶然が生んだ?

「世界のミフネ」と称され、世界的にも有名な俳優の三船敏郎。
彼の俳優デビューは、まさに偶然の賜物であったと言われる。


三船敏郎はもともとカメラマン志望であり、俳優志望ではなかった。
そのカメラマンになる為、東京の東宝の面接を受けたが、 どういう訳か、
三船の履歴書は俳優募集の方へと回されてしまった。

続きを読む
posted by ミニ助 at 20:52 | エンタメ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森高千里のデビューは幻の青春映画だった!

俳優・江口洋介と結婚し、2児の母となった森高千里さん。
ユニークな作詞センスに抜群の歌唱力、そしてミニスカートから覗く綺麗なおみ脚で、
多くのファンを魅了したポップシンガーである彼女のデビュー作が、
映画だったと知っている人は意外にも少ない。

続きを読む
posted by ミニ助 at 20:48 | エンタメ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

作家の司馬遼太郎がデビューしたのはお坊さんにすすめられたから?

「竜馬がゆく」「鳥の城」などで知られる作家の司馬遼太郎は、
1956年「ペルシャの幻術師」で講談社の講談倶楽部賞を受賞して、
作家デビューを果たしました。

当時、司馬遼太郎は産経新聞大阪本社の文化部に勤務していましたが、

そんな司馬遼太郎に小説を書くきっかけ作ったのは、
とあるお坊さんなのです。

続きを読む
posted by ミニ助 at 17:28 | エンタメ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク