カテゴリー:税金系

勤労学生控除A働きながら勉強する時の節税策は?

日本経済が落ち込むなか、突然リストラされて途方に暮れる人も少なくありません。
手に職を!もっとスキルアップを!と、退職を機にもう一度勉強する人も多いでしょう。
失業中のうえ、学校の授業料もかかりますから、少しでも節税したいところです。
続きを読む
posted by ミニ助 at 15:17 | 税金系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勤労学生控除@大学に通いながらアルバイトをしてる場合の控除は?

大学生でも高校生でもアルバイトは当たり前になっていて、
そのアルバイト収入から税金が引かれています。

ただし、一定の条件を満たした学生(勤労学生)には、
特別な所得控除があります。
続きを読む
posted by ミニ助 at 14:35 | 税金系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

扶養控除B子供の養育費を離婚後に払っている場合は?

離婚して離れて暮らすことになった子供のために養育費を毎月支払っている場合、
離婚前と同じように子供の分の扶養控除は受けられるのでしょうか?
同居はしていないし、とても無理そうに思えます。

また、かつて専業主婦だった元妻がフルタイムで勤め始めるケースも多いでしょう。
続きを読む
posted by ミニ助 at 12:23 | 税金系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

扶養控除A田舎の両親に仕送りしている場合は扶養になる?

日本は高齢化社会になりましたが、月日の流れとともに自分も親も年を取るものです。
病気などで急に離れていた両親と暮らすこともあるでしょうし、
仕送りをすることも出てくることでしょう。

なので、今からでも年金暮らしの両親の生活を、
支えるようになった時の節税策を考えておきましょう。
続きを読む
posted by ミニ助 at 17:04 | 税金系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

扶養控除@子供がたくさんいたら所得控除は受けられる?

家族を養っていると生活費の負担も大きくなるため、扶養家族の人数や
年齢によって所得が控除されます。このシステムを扶養控除といいます。

原則、同居していることが条件ですが、
学生で仕送りをしている場合なども含まれます。
続きを読む
posted by ミニ助 at 13:51 | 税金系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク