カテゴリー:アート系

ピアノ教則本バイエルをバイブル扱いするのは日本だけ

小さいお子様の習い事として、親御さんに人気のあるのはピアノです。
そして日本では、ピアノを習う子供は、
大抵の場合、教則本のバイエルで練習させられます。

それは子供達の間でも「今、バイエルの何番をやっているの?」というのが
挨拶代わりになるほどです。

しかし、ピアノの入門書はバイエルからというのは、
日本くらいのものと言われています。

続きを読む
posted by ミニ助 at 21:43 | アート系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

陶芸|美術品と日用品はどこがどう違うの?

陶芸の展示会行くと、大ぶりの茶碗に「25万」の値札が付いていました。
そして、それより小さな茶碗が「45万」でした。

普通の人ならば、これらの焼き物の値段を見比べ、

「なぜ、小さい茶碗の方が大きい茶碗より値段が高いか?
やっぱり焼き物の世界の基準はさっぱり分からない」

と思うでしょう。
続きを読む
posted by ミニ助 at 12:54 | アート系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美術展覧会|名画の鑑賞料はどうやって決めてるの?

春や秋ごろになると、東京でも地方でも、
いくつかの美術展が開催されます。

たまには芸術に触れてみようかと思って出かけてみても、
美術展の入場料は予想以上に高かったりします。

とくに世界的名画が一般公開される時など、
1300円とか1500円など、なかなかいい値段の時が殆どです。

その作品1つを見に行くだけにしては、少々値が張るのでは?
と感じている人も多いでしょう。

絵画と違い、映画は毎回新しく作られるから、
製作費を回収する必要があるのはわかりますが、
絵の場合は極端に言うと、単に運んでくるだけです。

それなのに、どうしてこんなに鑑賞料が高くなってしまうのだろうか?

続きを読む
posted by ミニ助 at 02:45 | アート系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサーリンク