水商売のママやホステスからの迷惑な営業電話とは?

クラブのママやホステスには、お得意さんの会社へ電話をかけてくる人がいます。
「最近とんとご無沙汰ねえ。たまにはいらっしゃって」
という、鼻にかかった声でのお誘いである。

彼女たちにとっては営業なのかもしれませんが、
受ける側は仕事中によくわからない女性から電話があったのでは、周囲にも気まずい。
口には出さないが迷惑している男性は意外に多いのである。


「店に来てェ」と会社まで訪ねてくるママもいますが、
クラブ通いをすると、こういう面倒くさい事がけっこう増えて来る。

その一つにクラブの「パーティーの日」へのお誘いがあります。

パーティー日とは、月1日ぐらい、
パーティーと称して営業のテコ入れをする日のこと


特別なイベントはないが、ホステスは、

「ねえ、今度の木曜日がパーティー日だから絶対来てね」

と誘う。

ホステスから誘われれば、とりあえず顔を出すという
鼻の下の長い客は決して少なくないでしょう。

たしかにこのパーティー日作戦自体は、
「短期的」にはなかなか威力を発揮する作戦なのですが、
経営の厳しいクラブは、またすぐにパーティー日を設定するので、
これが二度、三度となると、客はさすがにうんざりしてきます。


やがて、会社にまで電話をかけてきて、

「今度の水曜日はパーティー日なの。来れる?来てェ」

とやり出してしまう。

ただでさえ迷惑な電話攻撃に、パーティーまで重なれば、
よほどの人のよい客以外はパッタリ行かなくなります。

お得意さんの足がどんどん遠のいて行くのを知りながら、
パーティーを増やすのだから、パーティー日の多くなったクラブは
末期症状と考えてよい。

売り上げに必死というカラクリが見えてしまっては、
お得意客の方も興覚めなのだ。

スポンサーリンク
posted by ミニ助 at 02:18 | 男と女系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする