森高千里のデビューは幻の青春映画だった!

俳優・江口洋介と結婚し、2児の母となった森高千里さん。
ユニークな作詞センスに抜群の歌唱力、そしてミニスカートから覗く綺麗なおみ脚で、
多くのファンを魅了したポップシンガーである彼女のデビュー作が、
映画だったと知っている人は意外にも少ない。


森高千里のデビューのきっかけとなったのは、
1986年に開催されたポカリスエット・イメージガールコンテスト。


友達に誘われ遊び半分で応募したものの、とんとん拍子でグランプリを獲得してしまい、
ポカリスエットのCMと映画出演が決定してしまいました。

ちなみにその映画のタイトルは、

「あいつに恋して」


風見しんご主演で、ヒロイン役を森高が演じた青春ロードムービーでしたが、
興業的には失敗作だった。

「あいつに恋して」は森高千里のデビューしたての、
初々しい姿が唯一見られる映画なのですが、
ビデオも生産中止となってしまい、現在では幻の作品に・・・。


その後も典型的なアイドル路線で売り出されて森高千里ですが、
次第にその音楽と作詞の才能を開花させ、単なるアイドルではなく、
アーティストとして認知されるようになっていったのです。
スポンサーリンク
posted by ミニ助 at 20:48 | エンタメ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする