作家の司馬遼太郎がデビューしたのはお坊さんにすすめられたから?

「竜馬がゆく」「鳥の城」などで知られる作家の司馬遼太郎は、
1956年「ペルシャの幻術師」で講談社の講談倶楽部賞を受賞して、
作家デビューを果たしました。

当時、司馬遼太郎は産経新聞大阪本社の文化部に勤務していましたが、

そんな司馬遼太郎に小説を書くきっかけ作ったのは、
とあるお坊さんなのです。


当時、宗教関係を担当していたせいで、浄土真宗の寺の後継者だった
寺内大吉こと本名「成田有恒」という人物と交流を持つようになり、
その彼が司馬に小説を書くように勧めたのです。


寺内は司馬にあらゆる懸賞小説応募規定を郵送。司馬もそれを読んで、
もっとも締切りが近い講談倶楽部賞「ペルシャの幻術師」を応募したのです。

ちなみにこの作品、現行吉60枚程度の短編ながら、
司馬はたったの二晩で書き上げたとのことです。

もし寺内との出会いが無ければ、
司馬遼太郎という国民的作家は誕生していなかったもしれませんね。
スポンサーリンク
posted by ミニ助 at 17:28 | エンタメ系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする