専業主婦の妻が隠したヘソクリが見つかったら民法上誰のものに?

日々の生活を切り詰めて、コツコツと蓄えたお金をヘソクリと呼びますが、
昔はよく、妻が旦那に内緒で、家のどこそこにヘソクリをこっそり隠していた、
という話が有ったものです。

今はもう、あまりヘソクリなどという名称は使われなくなっていますが、
ところでこのヘソクリ、個人で蓄えているのであれば所有権はもちろん本人に有ります。

しかし、これが夫婦となると、なかなか厄介な問題にまで発展してしまうのです。

主婦のヘソクリの場合、家計をやりくりして余剰金を作ったのは確かに主婦です。
しかしその家計用のお金自体は夫の給料から捻出されています。

なので、万が一、ヘソクリがバレてしまった場合、

そのヘソクリの所有権が夫にあるのか?
それとも妻にあるのか?


で大揉めになってしまうのです。


そこでこの問題を、民法上の観点から解釈してみると、

「夫婦の一方が婚姻前から有する財産、
および婚姻中に自己の名で得た財産はその人のもの」(民法762条)


となっています。

この解釈によれば、夫の給料から生まれた妻のヘソクリは
夫のものとなり・・・ますが、

夫婦いずれかに属するかわからない財産に関しては、

「夫婦共有」


とすることにしているのです。

従って、ヘソクリが見つかってしまった場合、
夫婦で折半することになります。


まあ、妻にとってヘソクリ自体が夫に見つからないことが
大切なのは言うまでもありませんが・・・。
スポンサーリンク
posted by ミニ助 at 04:04 | 男と女系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする