お肌の曲がり角は男性にも有るって本当?

かつて「お肌の曲がり角」と言えば、25歳と言われていましたが、
今やお肌の曲り角の相場は20歳までに低下しています。

夏場ともなれば、女性は29歳ごろにホルモンバランスや内臓機能が低下して、
急にお肌が老け込み、おばさん肌に近づいてしまいます。

そんな女性の悩みの代表格であるお肌の曲り角ですが、
それは男性にも存在するのでしょうか?


お肌の曲がり角が意味するところが、女性同様に過度な脂肪分や、
肌の保湿に欠かせない水分が失われた「カサカサ肌」の状態を指すと仮定するならば、
男性にも肌の曲がり角が存在するのは事実なのです。

ただし、男性の方が女性よりも一般的に脂肪分泌物が多く、
皮膚の皮も厚いことから(皮が薄いと顔のシワが目立つ)、幸か不幸か、
曲がり角にさしかかる時期は女性に比べて遅いそうです。

また、中年男性の代名詞である「脂ギトギト状態」のおかげで、
遊びが過ぎて20代でカサカサ肌になっている女性よりも、
ずっと皮膚の若々しさが保てるというのですから、不思議なものです。


男性のお肌の曲がり角は個人差はありますが、
大体40代の中盤から後半だそうですよ。
スポンサーリンク
posted by ミニ助 at 03:57 | 男と女系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする