付き合うほどにカップルが似てくる不思議のカラクリ


長く付き合っているカップルは似てくる・・

という話をよく耳にした事があると思います。


しかし仮に同じ環境で、同じ物を食べ、同じ仕事をしている同棲カップルがいたとしても、
親から受け継いだ遺伝子は二人とも全く異なるはずです。

なのに長く付き合っているカップルが似る理由はどこにあるのでしょうか?

というのは、人間は恋をすると脳内成分PEAが分泌され、
このPEAが分泌されている間、人は相手に夢中、
いわゆる「ラブラブ状態」になるのです。


この関係がさらに成熟することで、「恋」は「愛」に変わり、
この時点で人は脳内麻薬から覚める、素に戻るというと大袈裟かもしれませんが、
かつてのような熱狂的な盛り上がりが落ち着いたこの時点で、
二人の間に信頼関係が築かれていなければ別れることになります。

この信頼関係を心理学では「同一化」と呼んでいます。
人間は考え方が似ている人間を好きになるものなのです。


そして好きな者同士、相手に同調しようとする意志が働くために、
考え方、行動、外見、喋り方などが似てくる訳です。

この同一化が成立すると、長時間一緒に過ごしても不快感、不安感がなくなります。
すると、脳からはエンドルフィンが分泌され、安らぐようになり、
二人の関係はさらにスムーズになっていきます。


同一化がなされたカップルの類似は、お互いが相手に同調して生まれた結果であり、
カップルとして、恋人同士として、お互いの関係が上手くいっている証拠でもあるのです。
スポンサーリンク
posted by ミニ助 at 01:36 | 男と女系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする