引越し業者は「安さ」ならアリさん「サービス」なら日通を選べ!

引っ越しの見積もりから引っ越し業者を比較した調査結果をまとめてみると、
料金が最安だったのは「アリさんマークの引越し業者」

社名

ファミリータイプ
料金(F)

単身タイプ
料金(S)

訪問

滞在時間

作業人数

セールス態度

アリさんマークの
引越し社

11万1550円

4万8千円

54分(F)
36分(S)

4人(F)
2人(S)

採点不可

アート引越し
センター

11万3557円

6万3千円

40分(F)
36分(S)

4人(F)
2人(S)

クロネコヤマト

13万2250円

7万円

28分(F)
23分(S)

4人(F)
2人(S)

サカイ
引越しセンター

13万8千円

7万4千円

67分(F)
56分(S)

3人(F)
3人(S)

日本通運

15万円

7万円

36分(F) 
見積り無(S)

7人(F)
2人(S)

※各社の値段は多少変動することもあります。

ただし実感としては、

サカイ引越センター
アート引越しセンター
アリさんマークの引越し社


の3社は担当者との交渉次第で結果が逆転しても不思議ではない手応えでした。

一方で、引越しする際は、大体において、
当日になってから不測の荷物量や処分品が出てくるものです。

日通の場合、作業人数の多さも特徴的で、他の業者が3〜4人だったのに対し、

「早さだけでなく丁寧に行いたい」

として、7人も作業員をよこしてくれた、と利用経験者は言う。

また、日通の担当者によれば、

「弊社は原則として作業員は1日1件の対応です。他社では1日に同作業員が
2、3件請け負う場合もありますが、それではサービスの質は保てません」


とのこと。

なので、作業見積もりについて、融通を利かせてくれた日通や、
誠実な対応で評判だったクロネコヤマトは、
引越し当日も真摯に対応してくれそうな安心感を利用者に与える、と評価も高い。

以上を踏まえて、表のとおり、今回の引越しは

ファミリータイプで日通、
単身者タイプは価格重視でアリさん


を選ぶことにしました。

なお、価格やセールス時の態度は、担当者や時期、曜日により大幅に変わります。
あくまで参考材料として、実際の見積もりではあなたの条件を伝えつつ、
最低でも2、3社と交渉してみると良いでしょう。

※こちらの記事も、引越し業者を鑑定するための参考にどうぞ
引っ越し業者はクロネコヤマトの接客がダントツの安心感と評価された
スポンサーリンク
posted by ミニ助 at 11:23 | 生活系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする