スーパーの仕入れ担当が必ずチェックする料理番組とは?

スーパーの生鮮食品売り場の仕入れ担当者は、毎日、何を目安に、
各アイテムのその日の入荷数を決めているのでしょうか?


市場の動向?または値段?はたまた旬のものを選ぶ?

たしかにそれもありますが、複数の仕入れ担当者に聞いた結果を総合すると、
彼らが大きな目安にしているものは、なんと!

テレビの料理番組表なのです。

なぜなら、生鮮食品の売り上げに関しては、

「テレビの料理番組で教えた料理の材料が良く売れる」


からです。

とはいっても、番組の中のコーナー的なものも入れれば、
料理番組は毎日10本以上放映されています。
なので、その全部を情報源にしていたらキリがありません。

そこで彼らが注目しているのは、

「きょうの料理(NHK)」
「新チューボーですよ!(TBS系)」


などです。

この料理番組で紹介された料理の材料を多めに入荷するのです。


で、実際どの程度売れるのか?というと、

例えば、Eテレで月曜〜木曜 午後9時00分からはじまる
NHKの「今日の料理」でロールキャベツを作ると、
合い挽き肉の売り上げは、通常の1.5倍〜2倍に跳ね上がります。

或いは、他の料理番組についても、紹介された食材は、
その日から翌日には確実に反応が違うそうです。


前日の夕食の献立を考えるのは主婦にとって楽しくもあり、
また苦痛でもありますから、毎日のこととなると、
中々これというのを思いつかないものなのです。

テレビの料理番組とスーパーの売れ行きが結び付くというこの事実。

日本の多くの家庭では、テレビの料理番組で紹介された内容によって、
その日の献立が決められているという証拠でもあります。
スポンサーリンク
posted by ミニ助 at 11:01 | ビジネス系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする